「誠実な嘘」 マイケル・ロボサム

▶最初いまいちピンとこなかったのだが、第一部の途中から俄然面白くなってきた。
▶次回作「天使と嘘」での主要なメンバーであるサイラス・ヘイヴン登場!

「あたしたちが送っている人生はなんて奇妙なことか。幸せを探しているはずなのに、結局は生き延びるだけでせいいっぱいだ。存在すること。期待を持ちすぎないようにしようとするけれど、実際は無益に過ごしたり、時間を無駄にしたり、送れたかもしれない人生のことを考えたりしている。そしてじきに、もっと金持ちだったら、もっときれいだったら、もっと若かったら、もっと運がよかったら、もう一度初めからやり直すことができたらと考える罪深くて、金に飢えていて、人を裏切り、疲れ果てて嫉妬深い人間たちの一員になっていくのだ。」(744頁)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中